アロマセラピスト菅野千津子の日記

新生姜でジャム作り。

レモン汁、砂糖、はちみつ、シナモンパウダーを入れて煮詰めました。

仕上げにピンクペッパーを入れました。

ピンクペッパーは酸味がありフルーティー。
コショウのように辛味はなく、
スイーツなどでも使われています。

代謝アップやセルライトに良いと化粧品原料でも使われているようです。

炭酸水で飲むとジンジャーエールみたいな味でした。







iPhoneから送信
スポンサーサイト


先日のNARD会報誌にドミニックボドゥー博士セミナーの申し込み書類が入っていましたね。

私は今年で18年目の参加となります。
毎年フランスメディカルアロマの風を受け刺激をいただいています。

ボドゥー博士のお話で忘れられない
エピソードがあります。
10年以上前のセミナーでマスクをして咳がひどく顔を真っ赤に腫らしている女性が参加していました。

隣の席の方が彼女はひどいアレルギーで日によっては精油の香りも辛いとお話していたと教えてくださいました。

それを聞いてから彼女が気になって
内心『大丈夫なのか?』
と感じていました。

ボドゥー博士のセミナーの終盤に質問時間があります。
彼女がすかさず手を挙げました。

自分は長年の化学物質アレルギーであること。
様々な療法を試したが上手くいかず
アロマに興味を持ち勉強をはじめたばかりだと。

しかし今日のような状況にだと自分はアロマを取り入れて大丈夫なのか?
そのような質問を涙ながらにボドゥー博士にしていました。

するとボドゥー博士は彼女にひとつの質問をしました。

『今日の僕のセミナーは誰の意思で来ましたか?』

彼女はすかさず 『私です』

『あなたは誰かに言われたから今日この場所に来ていない。自分の意思でこの場所に来た。自分の意思でアロマテラピーを勉強したいと望んだのですから大丈夫です』
彼女以上に周りの方が涙を流していました。

彼女のためにホームケアのレシピを
色々教えていました。

もちろん日本では精油は薬ではありません。
そして薬でも100%のものはありません。
しかし自己責任で使用するからこそ
自分の意思が大切だとあらためて感じたエピソードでした。

アロマテラピーを学びたいと思う意思。
またアロマテラピーを仕事にするという意思の基本は自分の中から湧いて来なければ本当のアロマテラピーの凄さを感じることはないと教えられた気がしました。

ボドゥー博士の言葉の深さは計り知れません。

ぜひ多くの方に参加していただきたいセミナーです。
















iPhoneから送信


浅草の専門学校の『振袖さん』
東京では舞妓さんを半玉さんと呼びます。

18歳で半玉さんの学校に行き、踊り
小唄、三味線、所作を学ぶそうです。
恋愛禁止、住み込み修行。
親元から離れての修行生活は、男性ならば力士のような仕事でしょうか。

あらためて女性の活躍する仕事は幅広いなあと思います。

その道のプロを目指すには必ずなりたいと思う自分の意思が必要だと感じます。
自分の意思が明確な人は必ず成功します。

私は仕事柄30年以上何万人という女性をお会いして感じることです。
自分軸がブレたり、人任せ、人のせいにしているうちはプロではないと私自身も自分を戒めてきました。

半玉さんをみていると初心に返ります。

さあ自分を信じてはりきっていきます。









iPhoneから送信


わが家は鍋でご飯を炊くことがほとんどです。

栗原はるみさんもよく言っていますが
鍋で炊いた方が早く炊けます。

南部鉄鍋で炊くと昔ながらのご飯の味がします。

特におこげの味と香りが強く感じる。
こんな日のおかずは生卵と海苔。

糖質制限の流行る最近、時代の逆を行ってますな。




iPhoneから送信


梅ジャムが完成しました。
濃厚なジャムになりました。
酸味が効いています。






iPhoneから送信

梅があまっていたのでジャム作りをしてみました。

はじめて作りましたが甘い香りが
強く漂います。

梅の種類により香気成分は違うようですが、南高梅のようなアップル的なピーチ様にはエステル類とラクトン類が多く、白加賀梅のフレッシュなリーフィーグリーン様のグループにはリーフアルコールが含有しているとの記事を見つけました。
まさに食べるアロマですね。

詳しくはこちら
http://www.kao.com/jp/corp_news/2010/20101125_001.html









iPhoneから送信

介護でも重要視される口腔ケア。
口腔ケアをきちんとしていることが
認知症、脳梗塞予防になると言われます。

口腔ケアをアロマで考えますと
ティートゥリー、ミルラ、クローブウォーターがおすすめです。

精製水100ccにティートゥリーまたはミルラを2滴入れてうがいや口をすすぐ。

クローブウォーターをガーゼに浸して口内を拭くように口腔ケアをしてください。

入れ歯の殺菌、消毒にもティートゥリーがおすすめです。

もちろん介護だけでなく、私たちのケアにも使えます。

口内炎や歯肉炎などにもぜひ活用してみましょう。





iPhoneから送信



先日の山梨農場研修の写真です。

ローズ収穫、ローズ蒸留見学、講義と
学びやお楽しみは盛りだくさん。

さらにアロマのクラフト作りはみなさんとても積極的です。

自分で作る化粧品は毎日使うものだけに嬉しいですね。
















iPhoneから送信



先日のyuicaスペシャリスト講座で
高山にうかがったときに飾られていた
アロマワックスバー。

yuicaバージョン。
素敵な香りが漂います。

(販売はしていないと思います)












iPhoneから送信

らっきょうが完成しました。

冷蔵庫に入れていると主人が
「カレーが食べたくなる」と言っていました。

香りと記憶はいつでもセットです。






iPhoneから送信
MAAメディカルアロマ研究所と
銀座医院様との共同研究が
抗加齢学会にて発表されました。


ついにアロマセラピーも数値化、科学的根拠が問われる時代になってきました。
私自身もクライアント様に精油を選ぶときにふと 「私が選んだ精油でよかったのだろうか?」と考えてしまうときがありました。

色々な体質の方のエビデンスがあれば
それを基準に精油を選び出せます。
これからもさらにアロマセラピーの研究を深めてまいりたいと思います。
さらに詳しい内容はメディカルアロマの講座にてお伝えしています。





香りの図書館にて購入させていただきました本に誤嚥性肺炎のアロマのレシピがありました。

ティートゥリーで口腔ケアをすると良いことと、ブラックペッパーが良いそうです。

他の食べ物は誤嚥するのに、ラーメンにコショウをたくさんかけて食べてる患者様が誤嚥しないことからヒントを得てブラックペッパー精油の芳香が
誤嚥予防につながったお話。

まだ斜め読みしかしていませんので
じっくり読んでみたいと思います。






iPhoneから送信


スタッフもよく行く伊豆栄梅川亭様。

なぜなら忘年会の景品に伊豆栄様の
お食事券を配るからなのです。
おせちと同じくらい人気です。


舞妓さんの専門学校の浅草振袖さんから来てくださった半玉さんのつぐみちゃん。

東京から舞妓さんがいなくなってしまうと、専門学校が出来たそうです。

京都では舞妓さん、東京では半玉さんと呼ばれます。
振袖さんは25歳で引退するそうです。


伊豆栄様は300年続く料亭で、現在の女将は9代目の美人女将です。

活躍している女性たちを見るたびにパワーをもらえます。

さあ今日もはりきっていきます。









iPhoneから送信



調べ物をしに飯田橋の香りの図書館に行ってきました。

撮影は出来ませんので入り口の雰囲気をみなさまへ。

フレグランスジャーナル社様がやっております。

たくさんの書籍があり大変勉強になりました。

2000円をお支払いすると年間パスポートが受け取れて、フレグランスジャーナル社の書籍が割引で購入できます。

めずらしい本や、懐かしい本もたくさんありました。
アロマの香りに包まれながらアロマの本を読める幸せ。

そして私の「アロマセラピーを仕事にする」の初版と改訂版の2冊も置いてくださっていました。
ありがとうございます。
ぜひおすすめです。














iPhoneから送信

今年のらっきょう漬けも完了。
らっきょうの独特の香りは硫化アリルという成分。

らっきょうには、血圧低下や血液サラサラ作用があると言われています。

1日2個くらい食べると良いですね。
アロマでの血圧低下ならば、ダントツにイランイランとマジョラムがおすすめです。

血液サラサラならレモンやゼラニウム。

ぜひお試しくださいね。






iPhoneから送信


ローズジャムも完成しました。
ローズジャムは作った次の日からどんどん発色していきます。

スタッフに差し入れ。
甘い香りに癒されます。








iPhoneから送信




山梨農場のローズとカモミールでハーブコーディアルを作りました。
エルダーフラワーは生が入手できないのでドライで入れました。

とてもいい香りと味になりました。




iPhoneから送信



おはようございます。
山梨農場で摘み取りをしたローズを
ジャムにしたりインフューズドオイルにしたりと生徒様のフェイスブックやブログでもどんどんアップされていました。

昨日はオープン当初の生徒様からご連絡がありました。
地方に引っ越しされ結婚、出産を経て
いよいよ開業をするタイミングが来たのでまた復習するためにラヴァーレに
再受講したいとのご相談でした。

10年以上経っても繋がれていることに感謝しています。

何かあったときに、ラヴァーレスタッフを思い出してくださることが何より嬉しいです。
私たちの励みにもなります。

さあ今日も1日はりきっていきます。








iPhoneから送信




昨日はお天気に恵まれて素敵な一日でした。

精油の蒸留見学のあとは、ローズの摘み取り体験。
午後からは講義とクラフト作りで
生徒様も大変満足されていました。

NARDアロマテラピー協会のみなさま
大変お世話になりました。

無事に東京に戻ってまいりました。
そして本日はJAAアロマコーディネーター試験で朝からたくさんの生徒様がラヴァーレにご来校いただきます。

みなさん頑張っていきましょうね。
午後からはNARDアロマインストラクター口述試験のリハーサル。
試験が目白押し。

未来に向けてみなさん真剣です。

私もスタッフも頑張っていきます。



















iPhoneから送信



山梨農場研修でローズ摘み取り中です。

お天気にも恵まれて嬉しい。
これからお昼ご飯です。













iPhoneから送信


無農薬の梅で梅仕事。

ホワイトリカーとブランデーバージョン
氷砂糖と黒糖にわけてみました。
梅の甘い香りに癒されます。

夜中に作ってみました。
笑笑









iPhoneから送信


最近ホントに目に来てしまい、電車でスマホを持つ手の距離が自撮りしてんのかっていうくらいの距離になってきました。
あまりのひどさに
スマホの設定を色々やったら、
「明るく」というのと字を濃くする設定に成功。

するとらくらくフォンみたいな巨大文字にならなくても見やすくなり一段落。
見栄を張らず素直にやれることはやるもんだと痛感しました。

かなりおすすめです。

眼精疲労には緑を見ると良い。
遠くを見ると良いと子供の頃から言われていました。

やはり自然に触れたいものですね。

アロマではラベンダーウォーターや
ラベンダー精油を精製水で希釈をしてコットンに含ませて瞼にあてると疲れや充血によいです。











iPhoneから送信


高山でジュークボックスを見つけました。

今やジュークボックスや8トラックを知らない方も多いでしょう。

お金を入れて好きな曲をリクエストしました。

懐かしい気分です。











iPhoneから送信

代官山にバーオソルレッスンがあり行ってまいりました。

今回で4回目ですが筋肉が柔らかくかり柔軟性が出てきました。

パーソナルレッスンで丁寧に教えていただいています。

体のかたい人、姿勢が悪い人、コアを鍛えたい人におすすめです。

筋肉痛もだんだんしなくなってきました。











iPhoneから送信


昭和の夏を思い出します。
蚊取り線香、キンチョール、キンカンは必須でしたねぇ。

ちなみに私の田舎では、ハエ取り紙がぶら下がっていていまだに忘れられません。

今やアロマで全てがカバーできています。
アロマを芳香していると蚊取り線香代わりになります。

また室内にアロマ虫よけスプレーを噴霧して
万が一食器とかにかかっても大丈夫です。

犬の散歩でも必ずスプレーしてます。
虫に刺されたらティートゥリージェルでケアしてくださいね。




iPhoneから送信

薬膳酒完成。

金柑の香りと黒糖がまろやかです。

クコの実、ナツメ、金柑、黒糖、ブランデー入り。
アンチエイジングにおすすめ。





iPhoneから送信




香りがして振り返るとくちなしの花がたくさん咲いていました。

甘い香りがいいですね。


よく聞かれますかくちなしや、キンモクセイなどは水蒸気蒸留で精油はとれません。

キャリアオイルに漬け込むならできそうです。
インフューズドオイル












iPhoneから送信

朝から地球温暖化の話題をやっていました。

私が子どもの頃は30度を超えたら大騒ぎしましたが、今や体温を超えるほどの夏日もありますね。

そして体を冷やして不調になるというパターンの人が多いですね。

室内にペパーミントを芳香させると、冷んやりして体感温度が違います。

またジェルにペパーミントやアルベンシスミント、スペアミントなどをブレンドしてデコルテなどに塗ると清涼感満載です。

夜はしっかり湯船につかり代謝を上げること。
シャワーだけですと体の疲れが取れにくいです。

私もアロマで夏の準備をしていきます。





iPhoneから送信




高山の山下清原画展をみてきました。
中身の撮影は禁止だったのが残念でしたが、
花火などのちぎり絵は素晴らしくまさに
日本のゴッホです。

館内の説明文によると
山下清さんは幼少期に消化器系疾患からの後遺症で吃音などが出るようになった。

自分をいじめる友達を刃物で傷つけてしまったことがあり、お母さんがハサミは持たせられないと紙と糊を渡し
ちぎり絵を習わせたことがきっかけだったそうです。

素晴らしいお母さんですね。

山下清さんの直筆の手紙がたくさん貼ってあるのですが、何度も出てくるのが「ぼくはるんぺんだから」という文章が微笑ましくて。

何度も施設から脱走を図り放浪していた山下清さんの最後の手紙には

「 もうるんべんはやめますもしまたぼくがるんべんになったらびょうきだとおもってくれていいです」
とありました。
思わず笑ってしまう。
写真もたくさんありましたが、

芦屋雁之助さんの山下清さんは、ご本人そっくりだと思います。

ランニングシャツと短パン、リュックと傘
そして大好きなおにぎり。

全てが実話なのでした。
高山に行く際にはぜひおすすめです。












iPhoneから送信


おはようございます。
いよいよ6月に入りました。
早いですね〜

梅雨に向けてジメジメが気になりますね。
わが家ではプラナロムのアロマフォーススプレーが必須。

香りもよくミストが水っぽくならないところが
お気に入りです。









iPhoneから送信