FC2ブログ
アロマセラピスト菅野千津子の日記

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12


おはようございます。
11月も終わりいよいよ
2018年も残り1カ月となりましたね。

一年の締めくくり、やり残したことはないか?
来年に向けてやるべきことは何かを考える人も多いと思います。

ラヴァーレの生徒様もみなさん来年に向けての目標を持って勉強されています。

自分のために、家族のために
周りの人たちのために
メディカルアロマで何が出来るのか。

私もしっかり向き合って良い締めくくりをしたいと思っています。

さあ今日もはりきっていきましょう。



iPhoneから送信
スポンサーサイト

小豆島に行った時の風景です。

実はこの場所は私が何回も夢でみている風景です。

昔からなぜこの夢を見るのか不思議だった場所。
鳥肌が立ちました。

夢でも向こうには海があり
まったく同じ。

デジャヴではなく、予知夢に近いのかな。

呼ばれたのか、来ることが決まっていたのかはわかりませんが、縁を感じた場所です。

小豆島、また行きたい。






いよいよ冬の到来。
乾燥肌の私には欠かせない
プラナロムのシアバター。

おやすみ前にしっかり手足に塗ります。

髪の毛のパサつきには、濡れた毛先にシアバターを塗ると
まとまりやすくなります。



iPhoneから送信





先日行った月島で月島温泉の看板を発見。
銭湯的な作りで、次回は絶対お風呂上がりからのもんじゃにしたいと強く思いました。

お参りする場所もあり、
すかさずお参り。

お賽銭を入れたらもらえる
小判はお財布に入れると良いらしいので早速入れてみました。

ご利益を期待しよ。
昭和の雰囲気がしびれます。



















iPhoneから送信
メディカルアロマブログを更新しました。
モーニングアタックとアロマです。

https://maa-labo.com/blog/post-1019






先日初の月島へ。

もんじゃ通り商店街があり
ほぼお店はもんじゃ屋さん。

制覇するにはかなり通い詰めないと難しいと思われる。
しかし制覇してみたい願望が
沸々と。


のりとジャコのもんじゃ。
見た目はグロいけど美味しかったですよ。

今度はスタッフと来よう。



















山梨出張の時におすすめされた昇仙峡。

はじめて行きましたが、素晴らしい紅葉を楽しめました。


























みなさまおはようございます。

ラヴァーレ会員様限定
クリスマス講座がスタートしました。
クリスマスコフレ作りをぜひ体験してみてください。




カードのポイント交換で
ゲットしたお掃除ロボット。

ルンバの雑巾がけバージョン。

濡れ拭き、から拭き、あとひとつなんかの3つのバージョンが選べる。

床掃除はこれに委ねることにしたよ。

いよいよ大掃除の季節ですね。
みなさん、お互い頑張っていきましょう。笑







iPhoneから送信



昨日はyuicaスペシャリスト活動報告会&稲本正氏講演会でした。

150名の皆様の前で私も発表させていただきました。
yuicaインタープリター講座が出来て4年。

色々なことを思い出しながら
お話していたら、こみ上げるものがありました。

これからも頑張ります。
ご馳走になったお弁当。

あまりの彩りに写真を撮ってしまいました。




















いつも行くNARD山梨の奥には、こんなにステキな神社があります。

鳥居は何回も見ているわりに
神社まで行った人はなかなかいませんね。

私も初めて行ってみました。
こんなに素晴らしい景色、
紅葉に感動。























iPhoneから送信





日帰りでしたが山梨に出張へ行ってきました。

快晴で空気も綺麗。
充実した出張でした。

山梨農場はこれからが冬支度に入ります。

ラヴァーレは、年内に資格を取得したいという生徒様で熱気に満ち溢れています。

今日もはりきっていきます。
































JAAのいやしの祭典2018に
行ってまいりました。

会場にはたくさんのブースが出展されていました。

大盛況でしたよ。

ラヴァーレの卒業生様の
ブースがたくさんありました。

みなさん大活躍。

お会いできて嬉しかったです。
















































小豆島日記その10
いよいよ最終回。
お付き合いいただきまして
ありがとうございました。

オリーブオイルの抽出を見学。

覗きっぽいところが逆に新鮮。

機械の説明の時に

「コールドプレス法」の説明がありました。
熱を加えずに圧搾する、
柑橘精油と同じ方法です。

井上誠耕園様は、オリーブとレモンやみかんを一緒に抽出する場合もあるそうです。

絞ったあとのオリーブの残渣は、お味噌のようです。

この中にもまだまだオイルがたっぷり残っているので牛や豚の飼料にしているのだそう。

これを食べた豚ちゃんは、
オレイン酸たっぷりになり
イベリコ豚のようなお味。
食べたい。

たくさんの勉強が出来ました。

井上誠耕園様ありがとうございました。

井上誠耕園様の視察を終え
私たちは、再びフェリーに乗り東京に戻ってきました。

1泊とは思えないほど充実した
体験をさせていただきました。

小豆島はまだまだ奥が深いです。

また行きたいです。

研修で得た知識を生徒様に
フィードバック出来ますよう
スタッフ一同勉強をしてまいります。

またこのようなご縁を繋いでくださりました、三上先生
ありがとうございました。



























iPhoneから送信







小豆島日記その9

ここまで来ると備忘録。
もう少々お付き合いくださいませね〜笑

オリーブの収穫を体験しました。

一つづつ手で摘み取り、お借りした前掛けのポケットに入れます。

前掛けには、井上誠耕園の社長様が新人教育で必ず伝えているという

「はい。喜んで」という文字が。

井上誠耕園様のモットーは
「はい。喜んで」なのです。

私たちも喜んで収穫。

いつの間には、スタッフ同士が収穫量を競い合うという
熱気ムンムン。

三上先生も頑張りました。

収穫したオリーブは箱に入れてその後「選果」という作業をします。

傷のチェックや葉が付いていたら丁寧に取ります。

無言になり黙々とやっていたら時間がなくなると抽出が見れないとのことで中断しました。

たくさんのオリーブ。
これがオイルになるのですね。



























iPhoneから送信



小豆島日記その8

井上誠耕園の営業部長の西田さんのお話はとてもわかりやすい。

オリーブは2本で育てないと
実がならないこと。

オリーブの中には花粉をたくさんつける品種もあり、それは他の木に実がつきやすくするために植えていること。

食用、化粧品用など品種により使い分けているお話などを
実際の実を見せていただきながらお話を伺えました。

オリーブはあらゆる品種同士が交配種しやすいので、スペインでは5000品種くらいあるとも言われているのだそう。

オリーブオイルの世界は深いですね。











iPhoneから送信






小豆島日記その7

井上誠耕園の営業部長の西田様にオリーブ畑に車で連れて行っていただきました。

山をどんどん登っていきます。
井上誠耕園様は70年前に
みかん農家からスタートした歴史ある会社です。

現在でも、みかんとオリーブの両方を栽培しています。

広大な畑には、たわわに実ったみかんとオリーブに圧倒されてしまいます。

西田さんの丁寧な説明にスタッフも写真とりながらの、メモで大忙し。





















iPhoneから送信








小豆島日記その6

最後の視察は井上誠耕園様。
素敵なカフェとショップがあり女子ウケ間違いない。

店内ではパンを焼いていたり
オリジナルの商品がたくさんあります。

研修前にお土産をチェックするラヴァーレスタッフ。

女子は買い物が止まりません。

さあこれからオリーブ畑に出発です。




























































小豆島日記その5

2日目の朝も爽やかな晴天に恵まれました。
美味しい地元の食材の朝食を堪能しホテルを出ました。

三上先生が10年前に訪れた
小豆島オリーブ公園へ。

オリーブ発祥の地に建設されたこちらの建物は立派で
宿泊施設などもありました。

歴史のある公園で広大な施設でした。

樹齢の長いオリーブなので
木の幹が太くてしっかりしているものが数多くありました。

色々な品種のオリーブをみることができました。
粒も大きめでした。

歴史館があり、オリーブの歴史やオリーブオイルの抽出する昔の道具などか展示されていました。

簡単にオリーブオイルの抽出方法が開発されたわけではないことを知りました。

オイルを保管したかめなども展示されています。

三上先生も懐かしそうに公園の中を歩いていました。

10年前よりも道も広がり綺麗になっているそうです。

実際に木になっているオリーブは、品種により全然違う形や大きさでオリーブに詳しくなってきたラヴァーレスタッフたちでした。

その6へ
つづく
















































iPhoneから送信






小豆島日記その4

高尾農園様の訪問後はホテルへ。

昭和の雰囲気漂うホテルに癒されます。

海の幸を堪能しました。

お刺身にいただいたオリーブオイルをつけて食すと、ホントに美味しい。

和風カルパッチョ的なお味です。
自宅でも実践しようと思いました。
そして夜の三上先生の講義。

情熱大陸くらい三上先生に密着した私たちラヴァーレスタッフはたくさんの勉強ができました。

ロケーションの最高なホテル。

露天風呂も楽しみました。

さあ明日は三上先生おすすめの「小豆島オリーブ公園」の視察からスタートです。























iPhoneから送信










小豆島日記その3

オリーブオイルの試食のあとは実際の抽出を見せていただきました。
丁寧に圧搾されたオリーブオイルは深い緑色。

オリーブの香りが漂います。
私もスタッフもガラスにへばりつき子供の頃にもよくやったシーン。

反対側からは見て欲しくない顔で真剣に見学しました。

その後オリーブ園に高尾農園のスタッフ様に連れて行っていただきました。
地元のお兄ちゃんかと思いきや驚くような経歴の
キャリア研修生でありました。

そんな方が勉強しに来ている会社を選んでくれた、ラヴァーレ事務局スタッフは見る目があると三上先生にもお褒めいただきました。

農園を見てさらにテンション上がりました。

帰りには抽出ホヤホヤのオリーブオイルを
お刺身につけると美味しいよと社長からプレゼント。

高尾農園様大変お世話になりました。












































小豆島日記その2

フェリーに乗り1時間ほどで
小豆島に到着しました。

目指すは高尾農園様

高尾社長の案内で、まずは
試食からしましょうと言われ
ました。

オリーブの品種で
「ルッカ」と「ミッション」
の実物とそれぞれのオイルを試食させてもらえました。

10月の上旬に作られたオイルと、たった今搾りたてを試食。
搾りたては、ポリフェノールが多く喉がピリピリしました。

時間が経過するとまろやかになるのだそう。

高尾社長の知識は素晴らしく
説明の合間に必ず
「なにか質問はありますか?」と聞いてくださる。

高尾社長の知識の深さと自信が伝わってきました。

栽培、抽出や濾過へのこだわり。
エキストラバージンオイルにはクリアする項目が35項目くらいあること。

一番に絞るだけではエキストラバージンオイルとは言えないことなどを詳しく教えてくださいました。

オリーブがポルトガルから神戸に渡り植樹されたのがはじまりだそう。
その後小豆島に植樹されて110年。
商業ベースでオリーブオイルを広げたのは小豆島のようです。

小豆島の気候であっても決してオリーブ栽培に適しているわけではないそうです。

ご自身で栽培し、オリーブを手摘み収穫しています。
農薬に対する考え方や、分析をイタリアに出していること。

大量生産できないので決まった場所にしか卸していないこと。
そして商品は美味しく食べてもらいたいから、3人家族が
2〜3日で食べきれるサイズでしか販売していないというこだわり。

希少なオイルだからこそ売り方にもこだわる。

精油と共通する考え方にスタッフ一同も納得です。










































小豆島日記その1

数年前から三上杏平先生と
行きたいと思っていた小豆島。

キャリアオイルマスター講座が完成したお祝いの席で、
この勉強したメンバーでオリーブオイルの抽出をこの目で確かめに行こうと誓ったのが
2018年のはじまりでした。

ついにその日が来ました。

羽田から高松空港、バスで高松駅へそしてフェリーを乗り継ぎながら小豆島へ。

行く道すがら釜揚げうどんを食べていざ現地へ。

釜揚げうどんは丸亀しか食べたことがなかったですが美味しかったですよ。

ちなみに
もう東京におります。



































iPhoneから送信

娘がタイ旅行へ行ったことに
触発されたのか、夫婦で
タイ料理のお店へ行きました。

トムヤムクンをひさびさにいただきました。

はじめてスタッフと食べた時に、
甘くて辛くて酸っぱいスープだよ。
とお店の方に言われました。

ホントにその通りでびっくりしたのが25年前。
さっそく家でも作ろうかと
チャレンジしたものの

当時はコブミカンの葉やレモングラスがなかなか手に入れにくくて、家で作ったけど同じ味にはならなかったです。

トムヤムクンはホントに美味しい。

ハーブたっぷりでした。
食べるアロマを満喫しました。



iPhoneから送信

久々にお赤飯を炊いてみた。
ささげが少なかったので、小豆とミックスしてみました。

水が多かったせいか柔らかい。

歯が悪いからちょうどいいかも。

まだまだ練習が足りません。




iPhoneから送信