アロマセラピスト菅野千津子の日記

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09





せっかく頻繁に出没しているのだからと、浅草寺でお参りをしました。

受香所でお線香を買い、火をつけて
煙のところに持っていき、たくさん煙をかぶる。


あらためて見ていると、アロマで習うところの薫香を思い出しました。

香りは神への捧げものとして扱われていたエジプトの儀式で使用された薫香。木やハーブを燃やしたものです。

世界のいたるところで、香りは高貴なものとして、扱われていたのだとあらためて感じました

そんな香りにつながるお仕事をさせていただいている毎日に感謝します。





















iPhoneから送信
スポンサーサイト