アロマセラピスト菅野千津子の日記







ラヴァーレ生徒様の取材に青梅まで行ってまいりました。

ろう者の生徒様で、アロマ講座を手話でされます。

今日は、私たちスタッフのために
ガイド通訳さんをつけてくださいました。
サロンもされています。

私は手話を使う。
だからこそ手を使ってお客様を癒したいと言っていたお話が忘れられません。

また一般のお客様には、筆談で接客をされています。

筆談セラピスト。

今日は元気とパワーを私たちの方がいただきました。

詳しくはラヴァーレ通信にてアップします。






















iPhoneから送信



スタッフと銀座シックスに行きました。

テラス席で夜景を眺めながらの楽しいひととき。

私の席から見える夜景はユニクロでした。笑

銀座ならではの楽しみかたです。















金太楼寿司のばくだん。
色々入っいますが、実はこの
ばくだんは金太楼寿司が発祥なのだそう。

アイデア、ないものを作り出すにはクリエイティブな人でなければできないものですね。

それにしても美味しいので真似てみようと思います。

ただ人の真似をしているうちは
駄目ですよね。

独自性を発揮できるようすべては勉強ですね。





iPhoneから送信


今はすっかり良くなりましたが、先日肌を擦りむいていつものファンデーションではカバー出来ず
銀座三越様に覗きに行きました。

たくさんの化粧品ブランドがあり
多くの外国人のお客様で溢れかえっていました。

色々考えた末、やはりカバーマークが一番だろうと思いました。

カバーマークは以前はオリリーカバーマークというブランドで
アザを隠す化粧品として美容室で販売していました。

当時は画期的なファンデーションとして美容師さんたちがおすすめしていました。
私も30年以上前に美容師さんに勧められて使ったことがありました。

もちろん一般の方にも使ってもらえる色味がたくさんあります。

今回、カバーマークの若い美容部員さんに、写真のファンデをリクエストしたら、「何でこれを知りましたか?」と聞かれました。
やや不思議そう。

今やこの商品を知っているのは、
60代、70代の年齢層だとか。

カバーマークでも、新商品がたくさん出ていますからね。

資生堂のドルックスシリーズも
支持者が多いので廃盤に出来ないと伺ったことがあります。

その商品に惚れ込んで長年、浮気をせずに使ってくださるロングセラー化粧品とは今は数少ないように感じます。

ブランドとしては有難いですね。
とても勉強になった出来事です。
ラヴァーレもそんなブランドになれるよう努力します。

さてこのこのファンデーション
カバー力抜群です。
お値段もお手頃ですからおすすめ。
傷も治りましたから、
今後は目の下のクマに使おう。







iPhoneから送信




成田近くにある埴生神社に行ってきました。

と、言っても先月でしたが。

埴生神社は、とても掃除が行き届いていました。
とにかくどこもかしこも綺麗にされていました。

特に砂利を敷いてあるところは
絵に描いたような風景に見えました。

素晴らしいですね。























iPhoneから送信